ハロー・レディ!レビュー

作品概要

作品名 ハロー・レディ!
メーカー 暁WORKS
発売日 2014/03/28 
シナリオライター 日野亘、衆堂ジョオ
原画家 さえき北都
声優 遥そら, 北見六花, 梅咲チャーリー, 水崎来夢, 桜坂かい,木ノ下とまり, 黒瀬鷹, 月黒斗夜, 奏雨, 海原エレナ

作品リンク  :ハロー・レディ! 応援中!

メーカーリンク:LinkIcon


※成人指定ゲーム(18歳未満プレイ禁止のゲーム)のレビューになります、18歳未満の方は閲覧しないようご注意下さい

総括

シナリオ 8.0/10.0
テキスト 8.5/10.0
キャラクター 8.0/10.0
主人公 9.0/10.0 
CG 8.0/10.0
声  8.0/10.0
サウンド 7.5/10.0
システム 7.0/10.0
エロ 測定なし
総合 8.0/10.0

コメント

注意)↑のセリフをクリックすると音声が出ます

シナリオ/テキスト

暁WORKSの最強タッグ日野亘氏と衆堂ジョオ氏の手がける群像劇、心が躍らないわけがない。

るい智から始まって4作目、相変わらずキャラクター同士の繋がりやコミュニティを魅せるのが抜群に上手いです。

惜しむらくはこういった群青劇物や、徐々に全貌が明らかになっていくシナリオ構成は最終ヒロイン以外のルートだと打ち切り漫画みたいな形に終わってしまうところ(ハロー・レディはそこらへん割とバランスは良いんだけど)。
いっそのヒロイン全員とそれなりにいい関係を築きつつ大団円を目指すグランドルート的な物にしてもいいのかも。
まあ、このゲームのテーマ、主人公から考えると大団円なんてものはあり得ないんだけど…うーん惜しい。

共通ルートが先が気になる展開な分、個別ルートが若干失速してる感が。
とはいえ、ところどころうるっときたり鳥肌が立つシーンもあるので最後までダレずにプレイはできた。
ホントこのラインの作品はキャラクターありきでのシナリオなんだなと再確認。

テキストについては相変わらずの独特な言い回しが光ってる(特に主人公)
お得意のシュールギャグも中々笑わせてもらいました

キャラクター/主人公

前途した通り、キャラクターありきのゲームなのでヒロインからサブまで魅力的なキャラクターばかり。
ヒロインではやっぱり音無朔が一番かな…。主人公を闇だとすると完全に光属性。後胸もでかい(ここ重要
どのキャラクターも芯が通っていて、物語を通して挫けることはあってもほとんどブレないのがカッコいい。
ただ、どの空子以外のヒロインについては、主人公に魅かれた理由とか過程とかが割とすっ飛ばしになってるのでそこはまあご愛嬌。
シリアス場面での完璧メイド菱吾さんのシュールギャグは一服の清涼剤でした。
さすがパーフェクトメイド!

主人公は…多くを語れない。
ただこの作品の根幹は主人公である成田真理であり、彼を許容できるかできないかで大分評価も変わってくる。
所謂俺TUEEEEEEな主人公なんだけど、それだけじゃないんだよこいつ。
全キャラクターの中で一番芯のブレナイ男。
ヒロインとラブラブ(死語)になっても最初の目的を果たすことを忘れないもんなぁ。
ここ最近の主人公の中では一番。

CG

絵師はるい智チーム安定のさえき北都氏。
るい智のころからすると大分進化してる気がする。
ここのチームはそういうゲームが多いからか、戦闘やカッコいいCGもどんどんうまくなってるね!ヒロインも可愛いよ。
後今作は胸、ひたすら胸イイネ

声/サウンド

声については声優買いしたのかって言うぐらい俺好みの声優陣。
遥そら、北見六花、水崎来夢とか俺得だろjk。
脇を固める男性声優陣も有名所がちらほらと。
後何より主人公に声がついてるのがいいね。
特に今回は主人公がホントカッコいいんで、声がついてて俺歓喜。
是非OFFにしないでプレイしていただきたいですな。

サウンドについては第1オープニングの『Soul Release』と第2オープニングの『Truth and Light』がやっぱりカッコいいですな。ここは毎度オープニングは外さないよね~
後この2曲のPiano Ver.が毎度良いところで流れるんだけど、涙腺を刺激するぜ(泣

システム

シナリオジャンプとか選択肢スキップとか便利機能がそれなりに揃ってる感じ。
後コンフィグ画面を見ながらゲーム進めないと結構な確立でバッドエンドになるのよこのゲーム。
選択肢総当たりとか久々にしたよ…。ちょい面倒だったけど、逆に最近のゲームは選択肢なんてあってないようなもんだから逆に新鮮だった。
バグについては、既読スキップのフラグがつかないシーンがある所ぐらいかな?

エロ

点数つけてないけど、主人公が胸女神崇拝者ってこともあってそっちの方面のシチュや描写が多かったかも。
巨峰主義を語ってる割にはエル(発展途上)や球緒(Bカップさん)にも手を出してる辺り、結局胸は大でも小でもそこにあるだけで正義なんだろうね(小並感

小並感想(ちょいネタバレあり)

中盤以降の失速感という意味ではもう少し頑張れたんじゃないかなぁとも思うんだけど、それもこれも暁WORKSのるい智チームへの期待感の裏返しなのです、はい。

でもホント群青劇を書くのが本当に上手いなぁ。
一人一人キャラクターがホントに丁寧に描かれてるのが良いよね。
ただそれは諸刃の剣…ルートによっては救えないキャラクターもいるわけで、その度に胸が痛くなるんだよなぁ。やっぱりこういうゲームだからこそ最後は大団円みたいなものが欲しい気がする。
贅沢な注文且つ、実際大団円のグランドエンドになった場合その時はその時で文句言いそうだけど。難しいわ。

次回作もきっと群像劇なんだろうけど、今から楽しみだなぁ。

かつて見た虹に追いつくために、過去を見ながら前に向かい、全てをあるがままに受け入れてきた成田真理の生き様は涙なしには語れない。







日暮惣太が登録しているサーチエンジン様

ネット声優・アフレコサークル検索サイトVoiceNavi

日暮惣太が参加しているラジオ企画です!

Doticon_wht_NEW.png のんべんだらり。
パーソナリティ:
オオカミ(関ヒカル)、
あかずきん(日暮惣太)
第27回公開中!!